会長挨拶
会長
会長 岡本 依大

2018-2019テーマ「MAKE OITA-KIWANIS RE-BOOT AGAIN !!」

 「大分キワニスを再起動しよう!!」
これが第11期の大分キワニスを預かることになったわたくしの決意です。
大分キワニスは創立から10年が経過し、昨季は盛大な10周年記念大会を成功させることができました。
これは10周年事業員会をはじめとする、各役員、歴代会長のリーダーシップによる精力的な運営に会員各位が力を合わせた結果だと確信しています。

 各位ご承知のように日本を取り巻く内外の環境には厳しいものがあります。
米中の貿易戦争は20年くらい続くといわれています。半島情勢も予断を許しません。2020のオリンピック終了後には消費税アップに連動して建設・不動産不況が起こるのではと懸念されてもいます。
また日本の構造的問題として超高齢社会と少子社会の現実があります。移民問題も避けては通れなくなるでしょう。

 その様な内外の環境下でも我々の「いのちき」は営々と続いてゆきます。日本で、そして大分で。我々のアンセスター達がそうであったように黙々と。
そして11期を迎える大分キワニスにも、メンバーにも今の現実に直面する勇気が求められます。

 キワニスワンデー、ドール人形の作製、バザー、ゴルフ大会、例会等の活動に加えてもう一つ、一番地道な会員獲得を今期のメインテーマに掲げます。
10年を区切りに20年を見据えるときに、今期11期は将来、再起動する根幹の財源づくりという地道な活動に徹したいのです。

 地道で、不人気なビジョンですが美辞麗句を並べるより現実的なテーマを掲げました。
熊本や福岡の規模には届かなくともピリッと一味きいた大分キワニスクラブを目指しましょう!!

キワニスドール